バリア機能の重要性

ニキビやアトピーを発症しやすい方々の皮膚は総じて、一般的な方々と比較して肌のバリア機能が不十分である事が確認されています。ここで「バリア」が指す意味としては、乾燥肌となる事を防ぐ適正な皮脂分泌に因る水分蒸発を防ぐ「バリア」、紫外線や汚れの付着や衝撃など、外部の各種刺激から身体の内側を保護する意味での「バリア」など、色々なシチュエーションで用いられます。

乾燥肌は単に弾力が失われた状態のみならず、潤った肌と比較して外部からの刺激に対するクッション効果を用いての対応力が劣るため、僅かな摩擦で皮膚表面に切り傷を負ってしまうなど、状態そのものが脆弱です。加えて乾燥肌はその悪しき状況に加速度を増す特徴を有しており、状況が深刻となる前の段階で適正な保湿を施さねばなりません。皮膚の表面上の水分と皮脂を適量に調整回復すれば、それに右へ倣え的にバリア機能も自ずと回復します。

また多くの方々の誤解として、清潔感を保つべく過剰な洗顔や入浴に及ぶ事で、大量の水分を皮膚表面上の届けて余分な皮脂や汚れを落とす姿勢が挙げられますが、これは大きな間違いです。刺激の強い石鹸類は患部を更に痛めつけ、入浴や洗顔直後の皮膚は一気に乾燥状態となる事実を正しく理解から、こうした行為の直後に速やかな保湿対応を実践してください。