保湿と乾燥肌の関係

肌のトラブルの発症のキッカケとなるのが、皮膚表面上の皮脂が適正量を越えてしまい、中長期的に汚れた状態で停留してしまう状況です。私達の皮膚は表面から水分が蒸発してしまい乾燥状態となるのを防御すべく、適量の皮脂が表面を覆って保湿作業を担っています。ところが更なる乾燥状態の進行が認められると、より大量の皮脂が分泌されてしまい、結果不要な皮脂が溢れてしまう状況を構築してしまいます。

結果分泌から中長期間を経過した古い汚れた皮脂が毛穴を塞ぎ、新たな新鮮な皮脂の分泌をストップしてしまい、結果乾燥肌改善という元来の働きにブレーキがかかるのみならず、白ニキビと称される初期症状が毛穴に生じてしまいます。ここにニキビ菌が繁殖から赤く変色すればニキビ発症であり、一連の流れからもそのキッカケが乾燥肌と、それを防ぐ保湿効果の不足が原因である事が一目瞭然です。

こうしたメカニズムを理解の上、乾燥肌にならぬために保湿剤を用いたケアが不可欠であり、自身の体質と肌のコンディションにマッチしたアイテムを選択の上、更なるリスクを招かぬ対応が求められます。特に既にトラブルが発症した状況下でのチョイスに際しては、製品の含有成分の内訳のチェックなどの細やかな確認作業が求められます。